額縁よもやま話
  1. ホーム
  2. 額縁よもやま話
額創庵の額縁よもやま話

額縁屋をしていて ふと思うことをかたくるしくなく日記調に綴っていこうと思います
まぐまぐで 額創庵の額縁よもやま話 もメールマガジンで配信中です よければ登録してください


額縁の黄袋のお話  
 
絵画を収納するものとして 段ボール箱・袋があります
袋に入れて、それから箱に入れ収納したり 持ち運びしたりします

当社では 箱には2種類ありまして あわせ箱(お菓子の箱みたいな)と 差箱(差込箱)の2種類 
額縁を入れる袋は ビニール袋と黄袋 の2種類あります
合わせ箱  あわせ箱とビニール袋   差し箱差箱と黄袋

どっちがいいって?・・・断然 差箱と黄袋です ただどちらも人の手による手工業で手間ひま代が案外高いです

それでは 額縁の黄袋ってなんで黄色なの?
これはむかし ウコンを使用して綿布を染めていましたから 黄色です
お酒を飲まれる方は ウコンをたまに飲みますよね カレーを白いTシャツに落っことしたときのあの色です
ウコンは防虫効果があって作品の虫食い防止に適していたからです
でも今は違う色素で染めていますので・・・昔の名残です

じゃ・・・額にあわせて・作品にあわせて いろいろな色があってもいいんじゃない?
そうです 実は額創庵では 色のバラエティで8種類 布の違いでもう2種類 用意できます
どうして案内しないんだって・・・・すみません 手を抜いてます(笑) いやホームページの未完成・・・いいわけやめます
ということで当社の定番カラーは クリーム色の黄袋です

額縁黄袋色

左から  クリーム イエロー オレンジ からし 金茶 花紺 グレー 草色
私の個人的好みは からし 金茶です

額縁起毛黄袋

この2種類は 左から ウコン からし いずれも布に起毛が施してあり 手触りが柔らかいです
額縁表面やアクリル板・ガラス板をより一層傷つけないようにとの黄袋です
からし起毛が最高ですが お値段もグーんとあがります

すべての黄袋が対応できます 時間もすこしかかりますが・・・ 目を止められた方はお申し付けください

                                                         2011・06・02





油彩・油絵額縁の大きさってどこからきたんだろう?     
額縁屋をやっていて、F3の大きさは 木枠サイズで 273×220o とかはすぐわかるんですけど そもそも誰がいつ決めたんでしょうね?
正直言って完璧に答えられる業界の人も数えられるぐらいでしょうね
という私もその一人ですが・・・そこで再確認の意味でかんたんに説明します


パルテノン宮殿大きさは芸術の国フランスから来たんだとは教えられましたが
その題一歩は M(海景)サイズからなんです
 いまはF(人物)サイズが主流ですが 根本はMサイズ

黄金比 というのがあって 一番美しい比率は 1 : 1.618 らしいのです
古代ギリシャのパルテノン宮殿の縦横比とかも黄金比でできているそうです
それをキャンバスの大きさにしたのがMサイズです

Mサイズを2分割した縦横比率を持つサイズがFサイズです 1:0.809
短いほうを1とすると 1:1.236
M→F ができたということになります





じゃP(風景)サイズは? といいますと M→Fの黄金比の流れと関係なく
縦横比が 1:√2(1.414)からきているようです 
紙の大きさでA4とかありますがあれの比率と一緒です
「A0」 は  841×1189 o の紙ですがですが 縦横の比を1:√2で面積が1uになる用紙を「A0」としたのです
841 o×1189 o(841×1.414)=99994(約1u) でしょ


それでは 額縁のサイズ表が きっちりその比率になっているかといいますと 少しずつずれています
F・P・Mの長辺と短辺に互換性を持たせるため少しずつずれています
たとえば F8(455×380)とF10(530×455) F8の長辺と F10の短辺がいっしょです そんなことって比率どおりにするとありえません でも額縁工場で働く人にとっては便利ですよね そんなこんなで微妙にずれてます


黄金比率のミラー・鏡 作りました

黄金比率の鏡1 黄金比率の鏡1 黄金比率のミラー・鏡を試作しました
名前はパルテノン(笑)
額外サイズ 77×44cm
どちら様か買ってください(価格ご相談)

黄金比率の姿見・スタンドミラーも
つくりまぁす
ご興味のあられる方は
黄金比率の鏡できれいになろう係 まで(笑)
info@e-gakusou.com



それでは今日はこれぐらいで・・・2010・04・10 
デッサン・水彩額縁の大きさってどこからきたんだろう?     
こんにちは
前回の続きで今日はデッサン・水彩額縁の大きさってどこからきたんだろう?を考えます
デッサン額縁の呼び名の由来とか を考えます
よくわからないところは 後で加筆します

当社で販売しています規格サイズ デッサン額の呼び名は下の通りですが 色分けで流れがわかります

 1,大きな流れは ガラス・鏡1枚からの取りサイズです グレー色です
 2,もうひとつは紙のサイズからです イエロー色です
 3,最後にエイトバイテンで印画紙・フィルムサイズです ブルー色ですね

日本の額縁の歴史は 姿見・鏡の周りのフレームに深く関係し 鏡の取りが額縁のサイズに影響を与えたと思います
100平方フィート(100平方尺)の鏡から何枚取れる大きさで呼び名があります
 (約)1フィート=1尺=0.303m

デッサン額呼び名 単位:MM 由来                   
インチ 255×203 8x10インチ このサイズの写真とかが多かった時代があります
八ツ (百廿) 303×242 100平方フィートあたり120枚の鏡を取る時の大きさ
太子 (八○) 379×288 100平方フィートあたり80枚の鏡を取る時の大きさ
タイシと呼びますが後の昭和天皇の立太子礼を祝して発行された複製画の大きさが由来です
四ツ (関東四ツ) 424×348 100平方フィートあたり61枚の鏡を取る時の大きさ
大衣 (だいころ) 509×394 100平方フィートあたり45枚の鏡を取る時の大きさ
ダイコロと呼びますが コロム画といって大正時代輸入していた絵の名称から来ています
半切 545×424 1尺8寸×1尺4寸の大きさです
三三 606×455 100平方フィートあたり33枚の鏡を取る時の大きさ
小全紙 660×509 三三と大全紙の中間サイズを補完したサイズです
大全紙 727×545 2尺4寸×1尺8寸の大きさです

このように デッサン額縁の大きさ名称(呼び名)の由来は 深く歴史を感じさせます
ただ デジタル機器が全盛を迎えた現代ではその役割も徐々に終わろうとしているのではないでしょうか
私も A版・B判に慣れ親しみ デッサン額のサイズはピーンと頭にきません 業界に携わるものとして恥ずかしい限りです
大全紙=新聞紙ひろげたくらい 半切 その半分 というぐらいですね

ちなみに
A0は 縦横比率 1:√2 縦横のかけた面積が1uになる紙  A0 - 841×1189 o
B0は 縦横比率 1:√2 縦横のかけた面積が1.5uになる紙 B0 - 1030×1456 o です
それを半分したらA1・B1・・また半分したらA2・B2・・となっていきます
わかりやすい・・・ 頭はいたって単純ですもので・・・

たくさんの額縁サイズがありますので店頭でそろえるのはたいへんですね お客様が選ばれるのもたいへんです
その点当社のモールディング額縁のオーダーサイズは ミリ単位でお客様のご要望の額縁を作製しますので便利です
最後はやはり宣伝になりました(笑)・・・すみません

それでは今日はこれくらいで・・・・2010.05.14



額縁の色再現って・・・微妙にたいへんね   


いつも思いますが 額縁を作製してデジカメに写して 画像処理して サーバーにアップ
ちょっと色が違うなあ・・・とか思ったりして また修正
でもこれを お客様やWEBを見ていただいている方がどう見えているのだろうと思うとすごく心配で・悩んでしまいます

当社のカラースペースは sRGBで統一しています ですからsRGB環境のパソコンディスプレイで見ていただければ
当社が見ている色と同じ(ほぼ)色を見ていただいているはずです
一番怖い?のは ノートパソコン どうも色くっきり・青色強めじゃないかと思います 


話が変わりますが このごろCMで気になりますのはシャープのクアトロン 吉永小百合さんの宣伝ですね
人の目は いろいろと色を区別します sRGBとかAdobeRGBとかは その規格の中でたくさんの人と色の同一認識をしようとした
規格なのです

その規格に離れたところを 黄色を加えて再現しょうとしたものがシャープ・クアトロンと思います
クアトロンの宣伝をしょうとしているのではありませんが
額縁の微妙な金色の色合いがちょうどクアトロンが再現しょうとしているところに近いのです
その点で すごく興味を持っているのです パソコンディスプレイにも応用されてくるでしょうね

                 カラースペース

それでは今日はこれくらいで・・・・2010.07.29



Copyright (C) 2017 Gakusouan Corporation. All Rights Reserved